ランクル(ランドクルーザー)の歴史

ランドクルーザーの歴史は古く、1951年、トヨタ・ジープとして開発されたのが始まりだと言われています。
1951年〜1955年まで発売されましたが、1955年から発売された20系はショートボディ、ミドルボディ、ロングボディと現在のランクル(ランドクルーザー)の原型です。

 

20系は1955年〜1960年まで発売されましたが、1960年にフルモデルチェンジで40系ランドクルーザーとして発売されます。
40系は1960年〜1984年まで長期に渡る発売で世界からの評価も高くランクルの知名度高めた車種だと言えます。

 

1980年からは60系が発売され大型化された重量級のランドクルーザーが人気の有った時代です。
1984年から発売されたランドクルーザープラドはランドクルーザーのライトモデルとして70系として親しまれました。

 

60系、70系ランドクルーザーはオフロードカー、4WDカーを街乗り出来るオフロードカーとしてランクルユーザーを広げる事になります。

 

今まで角ばったイメージのランクル(ランドクルザー)を80系では丸みを持たせ、またフルタイム4WDで誰でも安全にオフロードを楽しむことが出来る事やハイパワーのエンジンで海外からも信頼できる車としてランクルは、全世界で販売台数を伸ばしました。
80系ランクル(ランドクルザー)は1989年〜1998年まで発売されました。

 

100系ランクル(ランドクルーザー)あたりから大型オフロードカーが日本にはミスマッチイメージになり、日本ではランドクルーザープラドが人気になる一方、SUV車が人気になり日本での販売台数は伸び悩みましたが、海外では、100系ランクル(ランドクルーザー)は人気車種として販売台数は伸びました。

 

100系以降、ランクル(ランドクルーザー)は高級オフロードカーとして価格、装備共に高級車の仲間入りした傾向がありましたが、200系ではそれに拍車がかかったイメージがあります。

 

200系は2007年〜現在まで発売されているランクル(ランドクルーザー)です。

 

簡単にランクル(ランドクルーザー)の歴史を私の見解で振り返りました。
それぞれにランクル(ランドクルーザー)への思いは違いますのでそれぞれの歴史が有ると思います。私のランクル(ランドクルーザー)の歴史ですので参考までにしてください!